メイクのもたらす小顔効果

エラ張りや顔全体が大きくて悩んでいる女性におすすめなのはメイクで小顔効果を得ることです。ちょっとした工夫をするだけで素顔の時よりも顔を小さく見せることが出来ます。

 
必要なのはハイライトとシェイディングパウダーの二つだけです。どちらも高価なアイテムでなくても構わないため、自分の肌に馴染む色をチョイスすると良いでしょう。

 
まずメイクで大切なことは顔のメリハリを強調して、立体的にするということです。エラなどのフェイスラインの大きさが気になる場合は、ファンデーションよりもワントーンかツートーンほど暗めの色のシェーディングをブラシに取り、ラインを縁取るようにさっと付けて行きます。おでこの生え際部分も塗っておくと面長解消に効果的です。

 
次にハイライトを使って鼻筋部分やおでこの部分、目の下と頬の内側部分を明るく強調します。そうすると顔の中に光が当たって明るくなる部分と暗くなる部分が出来上がり、顔を立体的に見せる効果を得られるのです。

 
小顔になりたいという気持ちが強すぎてやりすぎてしまうと舞台メイクのようになって失敗するため、自分では分からない程度の薄さで塗っていくと良いでしょう。

 
小顔が気になる人は少しの出費で手軽に行える対策なので、一度試してみると良いでしょう。

Comments are closed.